大事な機密を守る

秘密文書の廃棄に関する情報が満載!

秘密文書の破棄を任せる業者

秘密文書の破棄を任せる業者 社内にはお客様の個人情報であったり、社外秘の資料であったり、さまざまな機密文書が出ることがあります。
そのような資料は、どのように廃棄しているでしょうか。
自社でそのまま廃棄していた場合は、機密が外に漏れてしまう可能性が高まってしまうのです。
機密文書であるからこそ、廃棄の方法までしっかりと管理しなければいけないのです。
そのような重要な内容が含まれた、紙やメディアなどは専用に処理を依頼できる業者もいるのです。
処理をしてもらえるところを探していると、とてもたくさんの会社があることが分かるかもしれません。
たくさんある中から処理を依頼する業者を選ぶ基準としては、いくつかのチェックポイントがあるのです。
例えば、決められた通りのしっかりとした情報の処理の基準や方法がおこなわれているところなのか、社内の機密の漏えいを防ぐ為の方法がどのようにおこなわれているか、などです。
しっかりとした基準から、信頼できる業者を選ぶことによって、安心して機密文書の廃棄を依頼することができるでしよう。
機密情報は集めるだけでも、保管するだけでもなく、最後までしっかりと処理することが出来る企業が、お客様から安心してお取引をしてもらえる会社として選んでもらえる可能性が高まるのです。

セキュリティレベルを見極める

セキュリティレベルを見極める 機密文書の廃棄を業者に依頼するなら、処理が完了するまでに漏洩の危険性が潜んでいないか慎重に見極める必要があります。
意外に思われるかもしれませんが、企業の情報漏洩のルートは不正ソフトによる漏洩や各種記憶媒体の持ち出しよりも圧倒的に紙媒体からの流出が多く、全体の7割を占めていると言われています。
社内での処分法に問題があるのか、依頼した廃棄業者が適切に処理をしていないのか、いずれにしても機密文書の処理に対する認識が甘く、管理が徹底されていないという現実を示しています。
不要なリスクを負わないためにも、業者選定は重要です。
業者のセキュリティレベルを見極めるポイントは、機密文書の処理を専門としていることが第一です。
処分を依頼したらただの古紙回収業者だったという話もよく聞かれます。
機密保持の契約書や処理証明書があるか、運搬車がきちんと施錠されているか、処理施設が厳重なセキュリティで守られており不審者が侵入できないようになっているか確認しておきましょう。
また外部委託がなく、集荷から処理工程まで全て自社で行っている方がより安全性が高いといえます。
情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格ISO27001を取得している会社は安全性や機密性において優れたシステムを構築しているといえますので、一つの判断材料として業者の取得情報を確認しておくとよいでしょう。

機密文書廃棄の関連サイト

都心部を中心とした機密文書処理の専門業者

機密文書の廃棄を東京で依頼

「セキュリティ 文書」
に関連するツイート
Twitter